スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「RED STONE」 ~悪魔の紅い石~

「RED STONE」 ~悪魔の紅い石~
ドガッ! バキッ!
 ザシュウウゥゥゥ!!!
???「ウルフファング!」
警備兵「グエッ!」
???「まだいやがんのか、一体いくらつぶせばいいんだ・・・。」
戦士「なぁなぁ、こっちの道、2回目じゃないか?」
シーフ「シッ! ・・・誰かいるぞ。」
ドガッ! バキッ!
???「ウルフファング!」
剣士「ウルフファング・・・・ウルフマン?」
ウィザード「そうみたいだな。 しかも、Lvも高そうだ。」
アーチャー「警備兵を数撃で倒してる。」
ウィザード「とにかく、岩場に隠れて様子を見よう。」
剣士「(・・・・・・・ムズムズ・・・。)」
戦士「?( どうしたんだ?けん・・・・)」
振り向いた瞬間、剣士は大きなくしゃみをしようとしていた。
戦士はおもわず剣士の口を塞ぐ。
戦士「(馬鹿っ!聞こえたらどーすんだ!)」
剣士「(だってよ・・・ハッ・・・ファッ!!!)」
シーフ「(や、やめろ!)」
戦士はもう一度口を塞ごうとしたが、遅かった。
ぶぁっっっくしょい!!!!!!!!
PT一同は、どうにかしてごまかそうとしたが、無駄だった。
ウルフマン「そこかっ!ウルフクローッ!」
大きな岩が、粉々に砕けた!
一同「うわぁぁぁあぁあ!」
ウルフマン「どうだ!まいったk・・・・ム?」
?が付くのも不思議ではない。なんせ5人もの人が目の前で気絶しているからだ。
剣士「う・・・う~ん・・・・・・・。」
ウルフマン「よォ、気ィついたか、兄ぃちゃん」
剣士「うわあぁぁあっ!」
シーフ「そんなに驚くこともないだろう。」
アーチャー「そうよ、やさしい人なんだし。」
剣士「え・・・でも、何が何だか・・・。」
ウルフマン「ええと、簡単にいうわな。」
~説明中~
ウルフマン「と、いうわけだ。」
20分ほど説明されたが、8割方よくわからなかったのだが、わかったことが2つ。
戦士が消えた。と、いうことと、目的が一緒。ということ。
剣士「えっ?でも、なんでお前らそんなに・・・。」
ウィザード「冷静でいられるかって?」
 ウッ・・・まさかな・・・
そんなわけが・・・・
シーフ「そのまさかだ!」
剣士「ええええええええええぇ!
続く。

このたびは、何カ月も書くのを休止していましたが、今日からまた書いていこうと思います。
読んでくださっている皆様、どうか暖かい目で見てやってください。

P.S 実は小説を書いてるノートが紛失してしまい、続きが全く思いだせなかったのですが、このたび、ノートが見つかり、なくさないようにテキストにしておきましたので、どうぞよろしくお願いいたします。 後、受験なのでいつ書けるかわかりませんが、落ち着いたら書いていこうと思います。どうもまことにすみませんでした。
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説(二次創作)
ジャンル : 小説・文学

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

≪シルバリン≫

Author:≪シルバリン≫
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。